• 153月

    皆さんはどのように日焼け止めを塗っていますか?ただ簡単にサッサと塗っているという人はいませんか?なので、今回は日焼け止めについて書いていきたいと思います。

    日焼け止めは、1日1回だけ塗ればいいと思っている人はいませんか?実はそれは大きな間違いなのです。日焼け止めを塗るのは1日1回だと不十分なのです。

    日焼け止めは、汗や皮脂、服と肌の摩擦で剥がれ、効果が弱まってしまのです。なので、約2~3時間くらい間をあけて何回もこまめに塗り直してあげることが重要です。

    では、日焼け止めをどのように塗ってあげるといいのかを紹介します。
    日焼け止めも肌に負担がある程度の負担をかけてしまっています。なので、保湿をしっかりしてあげ、保湿をしないと肌が乾燥してしまうので、十分保湿してあげるといいでしょう。
    日焼け止めを使う時に乳液を混ぜて一緒に使ってあげると、保湿力も上がり、日焼けの持続力も上がるようですので、試してみてください。

    そして日焼け止めを塗る時は、薄く伸ばして塗ってしまうと、効果が出ません。効果が出ないということは、シミなどになる確率も増しますから、しっかり塗るようにしましょう。
    特に鼻や頬のような高い所は、重ねて塗ってあげると良いそうです。

    そして塗った時に、ムラになっていると意味がありません。
    なので、日焼け止めを綺麗に塗れるように日焼け止めのタイプ別で書いていきたいと思います。
    乳液タイプの日焼け止めの場合は、手のひらに日焼け止めを出して、指の腹を使い顔の中央から外側にかけて伸ばして塗ります。

    そしてクリームタイプの日焼け止めの場合は、乳液よりも固く伸びしづらいです。なので、顔にのせる前に手のひらも使い擦り合わせ、手のひらと使って抑え込んでいく感じで塗っていきます。そして細かい部分は指を使いしっかり塗り、塗り忘れがないようにしましょう。

    また日焼け止めを使った後に、化粧下地やファンデーションを重ねて使うことで、紫外線をより防げるようになります。日焼け止めを塗る順番は、下地を使う前に塗ってください。

    そして化粧を直す時は、化粧だけでなく日焼け止めも塗り直しましょう。
    室内で仕事している人も窓から紫外線が入ってきていますから、しっかり塗り直すようにしましょう。そうすることで、日焼けをしないように予防できますから室内で仕事しているからといって安心してはいけませんから気をつけてください。

    日差し 紫外線

    そして日焼け止めだけしか塗っていないという状態は良くありませんから、しっかりファンデーションなどと一緒に使いましょう。最後にパウダーファンデーションで仕上げることがポイントで、上から重ねてあげることで、日焼け止めが剥がれづらくなると言われていますから、日焼け止めを塗り直した時には、最後は必ずパウダーファンデーションで仕上げるようにしましょう。

    また、中には「いちいち日焼け止めを塗るのが面倒」と思う人がいるかもしれませんが、しっかりこまめに塗ってあげないと、美肌を保つことは出来ません。

    そして乾燥肌の人が、値が高い日焼け止めを使い続けてしまうと肌に負担がかかり、より肌が乾燥しやすくなってしまいますから、乾燥肌の人は強い物を使い続けるのは避けましょう。

    また日焼け止めを塗る前には、しっかりスキンケアとしてから塗るようにしてください。

    腕や足など塗る時は、日焼け止めだけを塗っているという人が多いのではないでしょうか。
    実は腕や足などに塗る時でもしっかり化粧水、乳液を塗ってから、日焼け止めを塗ると良いようです。なので、日焼け止めだけという人は化粧水、乳液を塗ってから日焼け止めを塗るように変えてください。

    日焼け止めだけで使用してしまうと、手などが少し触れただけでも日焼け止めが落ちて、塗った部分がまだらになってしまうようなので、日焼け止めだけというのは、今すぐやめましょう。

    そして夏だけ日焼け止めを使っている人が多いと思いますが、他の季節でも紫外線が降り注いでいますから、夏以外でもしっかり日焼け止めを塗りましょう。

    ここまで「日焼け止めをしっかり塗ってください」と言っていましたが、実は日焼け止めに入っている成分で肌に良くないものも入っているようです。それは、紫外線吸収剤という成分で、吸収剤は、紫外線を肌に到達させないように吸収して外に出すというものです。そして石油由来の合成成分なので、明らかに肌に悪そうですよね・・・

    日焼け止めを使って肌荒れをした人や湿疹、かぶれなどの症状が強く現れてしまうことがありますから、合わないと思った時は、使用をやめましょう。ですが現在では、肌へのダメージが少なく肌に優しい日焼け止めもあるので、そういった物に変えてあげるといいでしょう。

    肌に悪くても日焼け止めを使わないという訳にはいきませんから、出来るだけ肌に負担がかからないように、日焼け止めを正しく使うようにしましょう。

    Permalink Filed under: 未分類
    日焼け止めをただ塗るだけでは良くない はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.